(続)どきどき佐渡裕   

大ホール前にだんだん人が増えて来て、開場時間間近…。
佐渡裕指揮 ベルリン・ドイツ交響楽団」の公演です。
e0150989_021512.jpg

リハーサルが押しているとのアナウンスがあり、扉が開くのが遅れました。
なんとなく流れでドアに近寄ると、最前列に並ぶことに。気合い入ってます。
e0150989_0222363.jpg

一番乗りでホールに入ったので、ピアノの調律をしている方だけ、こそっと撮影。
席は4列目のステージ向かって左側でした。
e0150989_0304467.jpg

佐渡さんの「シューシュー」言う息づかいが聞こえてくるし、汗っかきの様子、30センチのピカピカの靴も確認できて嬉しかったな。ピアニストの右手もばっちりでした。
e0150989_0291121.jpg

演奏曲は
ベートーベン「レオノーレ」序曲第3番Op.72b
モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 イ長調K.488
チャイコフスキー 交響曲第5番 ホ短調Op.64

チャイコ5番、感動で涙涙…(;O;)。
超一流って、なんであんな音なんだろう。
音がまぁるくって、優しくて、シビレます。
それぞれの音が、まさにハーモニーを奏でます。調和するって素晴らしい。
音楽だけじゃない。世の中すべて「一体和」です。

拍手拍手の大喝采!アンコールは5番の盛り上がるところを、も一回やってくれました。
(2曲目のコンチェルトは、ピアニストがアンコールやってくんなかった。
 ちょっと拍手が少なかったから???地方公演は甘くみられてるのか???)
いつまでも聞いていたい。曲が終わりに近づくと「終わんないでぇ~」と、心で叫びました。

あぁ、今夜は興奮して眠れそうにない・・・。
布団の中でパンフレットみて、オーケストラのみなさんに夢に出て来てもらおうっと(*^^)v。
[PR]

by bluetree_kk | 2011-10-25 00:43 | 音楽など

<< ポン酢ジュレ わくわく佐渡裕 >>