包丁選び。合羽橋へ。   

今回のお目当ては出刃包丁。合羽橋へ行ってきました。
たくさんの店舗が並ぶ商店街を歩いていると、ひときわ目立ったこのお釜…。
e0150989_23335571.jpg

中を覗いたら「ごはん500人前、みそ汁1000人前、金20萬円也」と書いてありました。
e0150989_2335553.jpg

で、ここのお店に入ってみました。
明治41年創業「釜浅商店」さんです。
商品をだぁーっと軒先に陳列しているお店とは違って、ちょっとおしゃれな店内のレイアウトです。
e0150989_23405717.jpg

たくさんの人が、職人技満載のこちらの商品に見入っていました。
包丁の所には、まだ10代と思われる若い男の子たちのグループがいました。
そこへ、お店の人が「若い人たちに言っておこう。」と、本を持って案内しに来られました。
「包丁とは、たくさんの人間がいくつもの工程に携わってやっと1本の包丁を造りあげる。
 だから、包丁に一人の人の名前が入っているなんてあり得ない。
 それだけで何割も値段が高くなっているので、これから包丁を選ぶ時は気を付けてね。
 築地とか合羽橋とかの地名入りでオリジナルっていうのも同じだよ。」と。
e0150989_2348371.jpg

私も、説明を求めようと、おじさんを捕まえてお尋ねしました。
魚の種類によって刃渡りは違うのだけど、家庭で気兼ねなく使える、柄が5寸5分のものをお薦め頂きました。
ひとつひとつ手作りなので、持った感じが微妙に違うからと、最後に3本出してきてくださって、
自分で選びました。なんとなくしっくりくるやつに決めました。
e0150989_00165.jpg

そしてそして・・・包丁に自分の名前を入れてもらいました。
むきゃ、嬉しい!(^^)!  
e0150989_033698.jpg

こちら、初めて合羽橋を訪れた時、購入した三徳包丁。
まさに「合羽橋」の文字が…
お店の人「うちのオリジナルです」って言ってたなぁ~。ハハハ…(^_^;)
e0150989_012262.jpg

よいお勉強になりました。
手入れの仕方、扱い方、たくさん教えて頂きました。
大事に大事に、大切に使っていきたいと思います。
e0150989_0143496.jpg

[PR]

by bluetree_kk | 2012-01-14 23:50 | キッチングッズ

<< 楽天地もつ鍋 駅伝 >>