なぜ韓流なのか・・・   

同僚のK美子さんの彼「イ・ジュンギ」のDVDをお借りして観ました。
「イルジメ」は、人殺しはしない「必殺仕事人」みたいな、正義感あふれる時代劇です。
e0150989_18591673.jpg

来週16日に、除隊するそうでデスクのカレンダーに赤丸が付いてました。
3月には日本に来る為、もちろんK美子さんも、愛する彼に会いに行くそうです。

韓国の徴兵制は、今もなお続く南北問題があるからなんでしょうけど。
幼い頃から、どんな仕事についていようとも「大きくなったら2年間入隊しなければならない」となれば、国への責任感、愛国心みたいたものが自然と芽生えるでしょう…。

昔から「日本の韓流ブーム」イコール「おばちゃん」という意味が、なんとなく分かる気がします。
(もちろん私もおばちゃんの域)
歳を重ねて世界の歴史、経済なども含めいろいろ知ると
「韓国の若者は、厳しい任務を背負っているのね」と、なんだか切なくなる…。
今は、長い長い休戦中だけど、いつ戦場に立たなければならない日が来るやも知れず…。
(でも、芸能兵とかあるみたいだから、彼らは泥臭い訓練などはしてないかな)

日本人のような顔立ちで、優しくって力もち、母親への愛情表現が素晴らしい。
女性に対しても何事もレディーファーストとくれば、欧米映画の俳優より親近感が湧くかも。
しかも、みんなちゃんと日本語を勉強して、さくさくしゃべるし。この勤勉さはウケるでしょう。

友人K氏は、某映像配信サービス会社のえらいさんなのですが、今や韓流ブームにおされ、
日本のテレビ業界に危惧すると言っていました。

K美子さん、コマウォー。
「イ・ジュンギ」くん、堪能しました。(いつぞやは、稲川淳二って言ってごめんね。)
体張って頑張ってて、頭良さそうな俳優さんですね。
来月、とうとう彼に会えるんですね!楽しんで来てね~(*^^)v 。
[PR]

by bluetree_kk | 2012-02-12 00:00 | 映画など

<< 肉まん・あんまん 歯磨き >>