コウケンテツ&李映林さん   

ずいぶん昔、図書館で借りたこのお料理の本。
すごく気にいって、自分の手元に置いておきたいと思って購入しました。
「根菜&豆レシピ」(2002年)です。
作者の事は、全く気にせず、この本を愛用していたのですが・・・
e0150989_21175315.jpg

先週、コウケンテツさんの講演会に行ってきました。
『キッチンからはじまる家族の絆』というテーマで、お母様の手料理が大好きだったこと、
ご自身が料理の世界に入ったきっかけ、現代の食生活の問題点などなど、楽しいお話をたくさん聴かせて頂きました。
e0150989_21232972.jpg

で、冒頭に書いたあの本、コウケンテツさんのお母様「李映林(りえいりん)」さんの本でした。
気付くの遅っ!
ケンテツさんは、お母様が主宰するお料理教室でアシスタントを3年経験し、独立されたそうです。
テニスのプロを目指している時、食事は体を作ると考え、自分でお弁当を作っていたそうです。
当時高校生なのにすごい!
でも18歳の時、椎間板ヘルニアで手術し、テニスは断念したそうです。
リハビリでつらい時期も、やはりお母様の手料理が何よりも活力になったとおっしゃってました。

ケンテツさんが、切々と語ってくださった「ご飯を食べる幸せ。食の大切さ。」・・・。
私も、ちゃんと周りの人たちに伝えていきたいと思いました。
素敵な講演会でした(*^^)v 。
[PR]

by bluetree_kk | 2012-07-15 21:56 | イベントなど

<< WorkArts オープン! 納豆の日 >>