胃カメラやった・・・   

ほんとにここ2年、いろいろ体に変調があります・・・。そんなお年頃らしい・・・。
毎年やっている、胃のバリウム検査で、今年初めてひっかかり、再検査の通知がきました。
自覚症状も無いし、だいたい大丈夫なもんだよ、との周りからの、安心情報を色々聞いていたので、日が近づくと、喉の麻酔をして、カメラを挿入!って事の方が、めっちゃ不安になってきた・・・(-_-;)。

で、今日検査いってきました。
e0150989_21492458.jpg

まず、バロス消泡液という胃の中のガスを取り除くための、液体を飲みます。
次に、肩にブスコパンという、筋肉注射をします。胃の動きを抑えるためです。
で、またお薬。キシロカインというポンプのスプレーを、喉にシュッシュッします。(4回プッシュしてた)

日頃、お薬を飲まないのに、この5分程の間に、相当の薬物が体に入った感じ・・・。
(こんな時はホメオパシーを飲んでおこう!薬害対策だからフォスフォラスでいっか。)

あぁ~、ベッドに寝かされて・・・
何かを口にくわえさせられ、「カメラ入っていきますよぉ~」と、先生。
うぉ~、ぐぐぐるしい。

でも、ずっとそばにいて声をかけてくれる、やさしいやさしい看護婦さん。
この方のおかげで、頑張れました(:_;)。
検査は多分5分足らずだったと思うけど、ずっと背中をさすってくれて、今何してて、あとどれくらい、
とかやさしい声で話しかけて下さいました。終始落ち着いていられました。
「初めてなのに上手です」と言って下さったので、
「背中をさすってくださっていたので安心できました」とお返事しました。

結果は「異常なし」でした。
ピロリ菌の存在もないとの事でした。
何故、今年に限ってひっかかっちゃったのかなぁ・・・?

お会計の待ち時間、「お客様アンケート」に、あの看護婦さんが優しかったと、子供の日記みたいな言葉を書いて、アンケートボックスに投函してきました(^^♪ 。
[PR]

by bluetree_kk | 2012-11-14 21:59 | 健康・体のこと

<< 鶏肉勉強会 顔のゆがみ >>