カテゴリ:映画など( 16 )   

映画「世界が食べられなくなる日」   

ちょうど1ヶ月後に開催されるイベントのお知らせです。

それは『未来(あした)なに食べる?』という問いかけから始まります・・・。

映画「世界が食べられなくなる日」の上映会と、
壊れゆく日本の食卓〜遺伝子組み換え食品の現実』をテーマにトークがあります。

e0150989_9503734.jpg


e0150989_9504879.jpg

人の命よりも、効率よく大量に生産するために(一部の企業の利益の為に)、世界中でどんどん食物が破壊されている昨今・・・。

どうか”日本の未来”を、一人でも多くの人が、考える機会となりますように・・・。

ホント、「へぇ〜そうなんだぁ・・・」と、知るだけでいいんです。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-08-17 00:00 | 映画など

奇跡のリンゴ   

生活クラブの先輩方のオススメ映画「奇跡のリンゴ」観てきました。
e0150989_15104697.jpg

11年もかけて、りんごの無農薬栽培を実現させた「木村秋則さん」の実話です。
農薬に苦しむ奥様の為に、無農薬栽培を決意されます。
e0150989_15255429.jpg

来る年も来る年も失敗して挫折しそうになりますが「自分が諦めることは、人類が諦めることだ」と、奮起して挑まれます。
そしてまた、彼を支える家族愛にも、もう涙涙のお話しです。

で、りんごを買って帰ろうと・・・
(無農薬のではない、普通のスーパーのだけど。)

久々に「りんごのスープ」を作りました。
洋風スープで煮て、塩こしょうで味付けしただけの、超簡単スープです。
りんごの甘酸っぱさが、さっぱりしてます。冷やして頂きます。
真ん中のはピンクペッパーなのだけど、それのピリッと感もいいのです。
e0150989_15322359.jpg

生活クラブで購入するものは、無農薬、減農薬が基本で、そんな品々が簡単に(結構、面倒なこともあるけど)手に入るのは、とてもラッキーなことだと、つくづく思いました。
一重に、こういった生産者さんたちのおかげです…。

木村さんのような方がいて下さって、歴史が変わりました。
諦めないでいてくださって、ありがとうございます!

☆「りんごのスープ」レシピ☆
材料4人分
りんご 1個
バター 大さじ1
 ○ 洋風スープ(顆粒など)1袋
 ○ 水 250cc
 ○ 砂糖 小さじ1弱
生クリーム 50cc +少量(仕上げの時に使う)
塩 少々(お好みで)
こしょう 少々
ピンクペッパー など
①りんごは皮をむきカットして、塩水(分量外)につけておく。
②鍋にバターを入れ、りんごをソテーする。
③りんごがしんなりしたら、○の材料を入れて沸騰したら、弱火で15分程煮る。
④鍋を火からおろして、あら熱がとれたらミキサーにかけ、滑らかにする。
⑤ボールに④をあけ、生クリーム、塩、こしょうで味を整えて、冷蔵庫で冷やす。
⑥容器に注ぎ、ピンクペッパーを中央に置き、生クリームで飾る。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-06-19 15:33 | 映画など

映画「子どもたちの夏」   

この映画を見たいなと思って、レンタル屋さんを探したらありました。
子どもたちの夏 チェルノブイリと福島
e0150989_20162691.jpg

この映画は、チェルノブイリの事故から25年の節目の、2011年4月26日に公開する予定で、制作されてきましたが、その直前3月11日に、福島の原発事故が起こってしまい、内容を変更して作られました。

25年たった今、チェルノブイリの人たちが、健康被害を語っておられます。
事故直後に、一時的に親と離ればなれにさせてでも、子供達に遠隔地避難をさせた議員。
絶望の中にも、希望を持って生きて行こうとする、チェルノブイリの人たち。

事故直後、何度も耳にした日本の政治家の「ただちに健康に影響を及ぼす数値ではない」ってセリフ。
知れば知るほど、あの言葉は恐ろしい・・・。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-02-11 20:57 | 映画など

ならぬことはならぬ。   

「ならぬことはならぬ」。
「日新館」の什の掟を締めくくっている言葉です。
今から200年以上も前のことですが、福島県会津若松市に、会津藩士の子供(男の子)が通う学校「日新館」が設立しました。

私たちも、隣の磐梯町に住む義弟の案内で、日新館を見学に行きました。
白虎隊の勇姿をみると、日新館の教育目標「人材の育成」を見事に果たしていると、感動しました。

什の掟はこうです。
一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ
一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ
一、弱い者をいぢめてはなりませぬ
一、戸外で物を食べてはなりませぬ
一、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです

世の中、理屈が通らないと事が進まないという風潮の中で「アカンもんはアカンのや」という教えは、とても貴重な言葉のように感じます。
(例えば仕事中、わがままいうお客さんに「ならぬことはならぬ」と一喝したいな??。)

NHK大河ドラマは全然見ないのですが、今年の「八重の桜」は、福島県会津地方が舞台なので観ようと思ってます。
新島襄の妻「八重」さんのお話です。
e0150989_8401764.jpg

そして来年は、「黒田官兵衛(姫路城主の長男)」が主人公で、兵庫県播磨地方が舞台。
今や実家周辺の各市は、大にぎわいだそうです。

あらあら、そんな連続でゆかりのある土地が取り上げられるなんて・・・。
1年間見続けるって、面倒な感じするけど、飽きずに見られるかな???
[PR]

by bluetree_kk | 2013-01-19 08:53 | 映画など

レ・ミゼラブル   

「レ・ミゼラブル」観てきました。
今日なら時間あるな、と思い立ち、家から10分ほどの映画館に車を走らせました。
e0150989_1531414.jpg

期待どおりのいい映画。
終始、歌が満載。ミュージカル映画なので、好き嫌いがあるでしょうけど。
あの「民衆の歌」を聞くと、鳥肌立ちます。
19世紀のフランスが舞台で、格差と貧困にあえぐ民衆が、自由と希望を求めているシーンには、切り離せないあの曲。
『 戦う者の歌が聴こえるか
  鼓動があのドラムと響き合えば
  新たに熱い生命が始まる 
  明日が来たとき
  そうさ明日が 』
 
20年前、親友とヨーローッパを旅行したとき、ロンドンでミュージカルを観に行ったので、上映を待っている間、彼女に「今から、レ・ミゼラブル観るでぇ〜。昔を思い出してなんかキュンとするわぁ。」とメールしました。

帰宅後、アルバムを引っ張りだしました。
1.5〜2cm位ありそうな太い眉毛の私が、元気よさそうに写ってました。
e0150989_15505430.jpg

ツアーだったけど、昼間に勝手に街でチケット買って、ツアコンに夜の食事キャンセルすると言って、タクシー飛ばしで劇場行ったんだった・・・。
懐かしいな・・・。いい思い出です。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-01-14 15:59 | 映画など

肥田医師の映画「核の傷」   

昨日、米兵が東日本大震災の支援活動「トモダチ作戦」の際、正確な情報を知らされず被曝したと、東電を訴えました。

先日、肥田舜太郎医師の「核の傷」という映画を観たばかりなので、67年前アメリカが日本にしたことと重ね合わさります・・・。
e0150989_1530214.jpg

広島に原爆が投下された「8時15分」という時間は、毎日米軍が、”広島市民が、一番家から出て外にいる時間”だと、調査して決めたそうです。
そして、アメリカは調査委員会を設置し、被爆者の治療は行わず、数年をかけて、被爆者16万人のデータを収集し、死亡者約7500人を解剖しました。
広島の原爆投下は、研究目的で行われ、将来の核戦争に備えるためでした。
日本政府は、アメリカに牛耳られてたので、何も言えず、後世に何も伝えずにきてしまいました。
賠償責任からも逃れたかったのでしょう。
「アメリカはソ連より優位に立ちたかった」「原爆投下で戦争終結」としか知らされなかった、私たちの社会科教育はどうなんでしょう・・・???

私も原爆ドームや資料館を訪れて、いろんな写真や資料をみて、過去の悲惨な出来事だと戦争を分かった気でいましたが、そこで終わった話ではありませんでした。
被曝による後遺症で苦しむ人たちが、今もたくさんいらっしゃいます。

お住まいの地域で、単発で上映会があるかもしれません。
チャンスがあったら、観てみてください。
[PR]

by bluetree_kk | 2012-12-29 08:37 | 映画など

なぜ韓流なのか・・・   

同僚のK美子さんの彼「イ・ジュンギ」のDVDをお借りして観ました。
「イルジメ」は、人殺しはしない「必殺仕事人」みたいな、正義感あふれる時代劇です。
e0150989_18591673.jpg

来週16日に、除隊するそうでデスクのカレンダーに赤丸が付いてました。
3月には日本に来る為、もちろんK美子さんも、愛する彼に会いに行くそうです。

韓国の徴兵制は、今もなお続く南北問題があるからなんでしょうけど。
幼い頃から、どんな仕事についていようとも「大きくなったら2年間入隊しなければならない」となれば、国への責任感、愛国心みたいたものが自然と芽生えるでしょう…。

昔から「日本の韓流ブーム」イコール「おばちゃん」という意味が、なんとなく分かる気がします。
(もちろん私もおばちゃんの域)
歳を重ねて世界の歴史、経済なども含めいろいろ知ると
「韓国の若者は、厳しい任務を背負っているのね」と、なんだか切なくなる…。
今は、長い長い休戦中だけど、いつ戦場に立たなければならない日が来るやも知れず…。
(でも、芸能兵とかあるみたいだから、彼らは泥臭い訓練などはしてないかな)

日本人のような顔立ちで、優しくって力もち、母親への愛情表現が素晴らしい。
女性に対しても何事もレディーファーストとくれば、欧米映画の俳優より親近感が湧くかも。
しかも、みんなちゃんと日本語を勉強して、さくさくしゃべるし。この勤勉さはウケるでしょう。

友人K氏は、某映像配信サービス会社のえらいさんなのですが、今や韓流ブームにおされ、
日本のテレビ業界に危惧すると言っていました。

K美子さん、コマウォー。
「イ・ジュンギ」くん、堪能しました。(いつぞやは、稲川淳二って言ってごめんね。)
体張って頑張ってて、頭良さそうな俳優さんですね。
来月、とうとう彼に会えるんですね!楽しんで来てね~(*^^)v 。
[PR]

by bluetree_kk | 2012-02-12 00:00 | 映画など

ハマる韓流・・・   

ここ数日、ブログ更新率が悪いのは、韓流ドラマを見ているから…(^^ゞ
今は、テレビで放送中の「パスタ」に、どハマり中です。
e0150989_23535393.jpg

イタリアンレストランで働く、シェフと見習いコックの恋愛ドラマなのだけど、
たくさん出てくるお料理が、そりゃぁもう、美味しそうで素敵!見てると、お腹すいてきます。
今自分がキッチンに立ったら、あの手際で料理出来るんじゃないかって錯覚をおこしちゃいます。
「イエー(韓国語で「はい」)、シェフ!」ってみんなで、返事をするのだけど、あれ言いたい…。

韓国のドラマって、20話くらいが普通なので、その分野をすごく詳しく説明してくれるから、
面白いです。
「製パン王キムタック」はパン職人の話しで、パンの材料から作り方まで、ものすごく良く分かる。
「私の名前はキムサムスン」も、主人公がパティシエで、幸せなお菓子がいっぱい出てきます。

今レンタルして観ているのは、「ぶどう畑のあの男」。Mッチオススメ作品です。
基本、やはり恋愛ドラマなのだけど、有機農法でぶどうを作ってる畑が舞台です。

「食べ物」ばっかりですね…(-_-;)。

会社で、韓流歴の長いK美子さんが、「私の彼、今兵役中なの」と「イ・ジュンギ」という俳優さんを教えてくれました。デスクにグッズがたくさんありました。

でも、初めて聞いた名前が覚えにくかったので、「稲川淳二って覚えていい?」って聞いたら
だめぇ~」って、怒ってました…。
K美子さん、ビアーネ(ごめんね)…(';')。 また、色々よい作品教えて下さい。
[PR]

by bluetree_kk | 2011-10-07 00:19 | 映画など

韓流ドラマ   

今、会社の知り合いの方にDVDを貸して頂いて、観ているドラマがありまして…。
「宮(クン)」~Love in Palase~ です。(2006年作品)

最近、テレビでやっていて、お昼ごはんの時に、
「あれストーリーが面白いし、セットがキレイで観てて楽しいよね~」と話していたら、
チュ・ジフン(写真左上)大好きのYっちが、
「〇〇ちゃんにDVDを借りてノーカット版を見てみて。必ず韓国語で。是非オススメする」との事。
e0150989_2003813.jpg

あらそうなの?観た~い!と思い、早速お借りして、楽しく鑑賞しています。
やっぱ、テレビ放送は相当カットされているのね。
「そんなシーンがあったんだ」と、結構重要な場面が飛ばされてたりします。

”もしも韓国に王室があったら”という設定で、宮廷が舞台なのでとにかくセットが煌びやか。
携帯電話も使って、ドレスも着るけど、チャングムみたいな民族衣装も出てきます。
韓国の伝統や文化をちょっと垣間見た感じです。

Yっちは「キュンキュンするぅ~」と言っていました。
キュンキュンはよく分かんないけど、でも楽しい!(^^)!
[PR]

by bluetree_kk | 2011-09-05 00:00 | 映画など

映画鑑賞   

DVDで「しあわせの隠れ場所」を観ました。
e0150989_733140.jpg

アメフト全米代表のスター選手、マイケル・オアー氏の実話です。
両親とも離れて暮らす黒人少年のマイケルが、寒空の下Tシャツ姿で歩いているところを、
主人公リー(サンドラ・ブロック)が、家に泊める事からお話が始まります。
後に、法定後見人になり、彼のアメフトの力を見出だします。
マイケルは初めて「家族」を知り、あたたかい人々の中で新しい自分を発見していきます。
最初は臆病な彼なのですが「保護本能」が、人一倍備わっている事を活かし、アメフトで活躍する姿は、感動です(;O;)。

家族ができた事で、潜在意識の中で「守る!頑張る!」という力がみなぎるのは、とても自然な事なのだと思いました。
良い映画でした・・・(*^^)v。
[PR]

by bluetree_kk | 2010-12-14 07:53 | 映画など