カテゴリ:ワインなど( 26 )   

銘酒だねぇ〜   

姪達が来たときに、両親や兄が持たせてくれていたお土産。

いやぁ〜。すみません。
気を遣って頂いちゃって・・・。

私たち好みの「大吟醸」頂きました!!!
田中酒造の「白鷺の城」です。
これは初めて飲むお酒。
ちょっと辛口、だけどフルーティー。後味きりっ、とします。
e0150989_20331355.jpg

ちなみに、最近、NHKの大河ドラマ「黒田官兵衛」でよく耳にする姫路城。
長い長い歴史の中で、官兵衛は49人いる城主の中でも初期の人です。
知ってる地名ばかりでるので、毎週あれを観るのはとても楽しい…。

そしてそして定番「米のささやき」。
これを頂くのは久しぶりです。
e0150989_20403955.jpg

こうなんだか、あちらのお酒は、ふんわり穏やか、澄んだのどごしの印象があるのよねぇ〜。
食べ慣れたお米のせいかしらねぇ〜。

ごちそうさまでした。
美味しゅうございました。
e0150989_20422493.jpg

[PR]

by bluetree_kk | 2014-04-26 00:00 | ワインなど

プレゼント交換   

ワインサロンのクリスマスパーティーが催され、参加しました。
サロンが始まってちょうど一年・・・。
今年は、趣味が通じる愉快な仲間達に出会えて、幸せな年でした。

会が楽しかったのは、もちろんだから、今日ここに書くのはプレゼントの事・・・。
プレゼント交換のため、ソムリエから『ワインにまつわるプレゼントを用意。』との指示がありました。

スノーマン柄の風呂敷で包んだもの。
これ、な〜んでしょ?
e0150989_14204318.jpg

これは「ごはん食堂 桐家」の「桐家のニカイ」に置いてある品々です。
私がもらったら嬉しいもの・・・と考えたら、これになりました。

無農薬の箱根西麓野菜(康晴農園さん)や、無添加調味料などなど・・
e0150989_1424048.jpg

で、クリスマスカードも。
e0150989_14253378.jpg

でも中身はクリスマスカードじゃなくて、「ワインにまつわるもの」だから、入れたお野菜を使う「お料理レシピ」を5つ。
e0150989_14262070.jpg

是非、お料理する女性にあたって欲しいと思っていたら、ぴったりの人が、くじを引き当ててくださいました。よかったぁ〜。

私は「貴腐ワインチョコレート」を頂きましたよぉ〜。
すごく美味しいチョコでした!
e0150989_14405661.jpg

他の女性陣にも、とても好評だったので、これはちゃんと記憶しておいて、また何かの機会にこの贈り物をしたいな、と思いました。
桐家さんのおかげですっ!
[PR]

by bluetree_kk | 2013-12-20 14:35 | ワインなど

ワインサロン⑨   

あっというまに10月です。
ったく、時間が経つのが早すぎます。

9月のワインサロンは、2期目の最後の回でした。
ソムリエが、イタリアに研修に行かれていたので、その報告会をしてくださいました。
e0150989_9361553.jpg

いいな、いいなぁ〜。
ワイナリーをまわって、素敵なホテルに泊まって、美味しいお料理を食べて、もちろん試飲、試飲、の連続だけど、イタリアのピエモンテ州を満喫されている様子は、羨ましいったらありゃしない。

分かっていますとも。大事なお仕事の一環なんですよねぇ〜。

なので、この日はピエモンテ州4種。
e0150989_942042.jpg

先生のお土産の、有機りんごのジャム。
すっきりとした甘さで、ワインに合います。
e0150989_9431752.jpg

サクサククッキーも頂き、この日のパン皿は盛りだくさんでした。
e0150989_9441688.jpg


それにしても、この日のサロンは、なんだかざわついてました・・・
いや、絶対これ、パワーポイント利用の為に、落とした照明の『暗さ』のせいよ。
なんだか、ワインが進んでしまう・・・
おしゃべりもしたくなる・・・
先生、ごめんなさい。隣席のみんなと、盛り上がってきちゃいました。

しかも、先生がお土産に振る舞ってくださった「5本目のアレ」が、相当みんなをいい気分にさせちゃいました。
e0150989_95010100.jpg

それと、1本目の白「ベロッティ・ビアンコ」が最高でした。
口当たりよくて、おかわりさせて頂きました。
e0150989_9523316.jpg

トリュフ犬との面白い写真とか、自家製プレパラシオン(有機ワインの堆肥作りに用いられる調合剤)を作っている写真など、フレッシュな情報をたくさん聞かせて頂きました。

ソムリエ。
報告会、楽しかったです(o^^o)!
ありがとうございましたぁ〜。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-10-01 10:06 | ワインなど

ワインサロン⑧   

最近、Facebookについつい気軽にアップしちゃうので、ブログの更新がおろそかになっちゃいます。
パソコン画面も、目が疲れるようになってきたので・・・。歳かな。

すっかり忘れてました。先月のワインサロンのことを書く事を。

思い起こせば8月の真夏のサロンは、雷がすごい日でした。
しばしの停電にもなったりして。
あぁ〜、ものすごい昔のことのようです。
e0150989_18551983.jpg

「酒石酸」という有機化合物がグラスの底に澱てました。
カリウム塩が酒石として沈殿を生じることがあるそうです。
e0150989_1954738.jpg

今月のテーマは「イタリアトスカーナ州」で、赤4本。
んで、本日の1本はこれです。
『ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ』。
読み返すと、なぜかこれしかメモをとってなかった。

苦みが残るが、清々しい香り。
余韻が長く、質感がよい。舌にのる感じが、ツルっとしていて、きめ細やか。などなど書いてます。
e0150989_1994573.jpg

そして、これは、毎回頂くオリーブオイル。
「レストラン プリマヴェーラ」のパンとともに、いつも美味しく頂いてます。
e0150989_19135060.jpg

あっ、もう来週、またワインサロンです。
次回はどんなテーマかな?
楽しみです!
[PR]

by bluetree_kk | 2013-09-11 19:14 | ワインなど

シャトー酒折ワイナリーツアー   

あらあら、気づけばもう2週間も更新してませんでした…。
主人の夏休みや、出掛ける事も多くって、パソコンの前にゆっくり座って、文章を書くのがちょっと億劫になってましたが・・・。
でも、私の日記なんで書いとこっと。

先日、ワインサロンのみなさんとワイナリーに行ってきました。
ちゃんと、生産者さんのお話を聞くのは初めてなので、とても興味深く参加しました。
プラス、テイスティングするのが魅力です♡

行き先は、山梨県甲府市の『シャトー酒折(さかおり)ワイナリー』。
インターをおりると、左右どちらをみても、ブドウ、ブドウ、ブドウの嵐。
何度か来てると思うけど、この季節はなかったんだと思う・・・ブドウの実がたわわに生っていて、びっくりしました。
e0150989_1456438.jpg

ワイナリーに行く前に、『ぶどうの丘』でバーベキューしました。
ワイン好きが集まってても、まっとりあえずビール、ってわけで地ビール飲みました。
e0150989_1502820.jpg

楽しくランチして、ちょっとバスで寝て、いよいよ『シャトー酒折ワイナリー』さんへ・・・
e0150989_1515310.jpg

食品添加物を、少し勉強すると「亜硫酸塩」は、とても気になるところ。
亜硫酸塩は、菌の繁殖や酸化を防ぐので、ワインの作る上では欠かせない添加物とされてきました。
亜硫酸塩を添加すると熱処理が必要となり、ワインの果実味が失われ、ぶどう本来の風味がなくなってしまいます。
こちらのワイナリーでは、法律で定められた4分の1の量に抑えていらっしゃるそうです。
サニテーション作業(洗浄や殺菌)を徹底されて、熱処理を一切行わず、きれいで安全なワインを皆様にお届けします・・・との事でした。
実際に、アルカリ洗剤とクエン酸で、器具を洗う作業場を見せて頂きました。
清潔にされていて気持ちよかったです。
e0150989_1512492.jpg

外に出て、マスカットベリーAを見せて頂きました。
立派なブドウがゴロゴロ生っていて、テンション上がります。
e0150989_1516332.jpg

食べていい、っておっしゃってないのに、食べた人がいたぁ〜。あぁー、悪いんだぁ〜。
でも、私も頂いてくればよかった…
e0150989_15183042.jpg

で、いよいよティスティング。
赤・白8種類くらい飲ませてくださったかしら。
白は、どれも甘めでスッキリタイプ。辛口といわれても、そう感じさせないわね。
e0150989_1520483.jpg

ワインの甘口、辛口って、ブドウの糖度じゃないんです。
ワインに糖分がどれくらい残っているかで、決まります。
辛口は、糖分を発酵によって、ほとんどをアルコールに変えてしまうから、甘みを感じない。
甘口は、酵母菌の発酵を途中でわざとやめちゃって、甘みを残すわけです。

ってことは、辛口の方がアルコール度数が高いって、事になります。

他にも、ブドウ栽培やワイン製造の際のご苦労なども、生産者さんならではのお話を聞かせて頂いて、お勉強になりました。

先生が、このワイナリーの方と全く違う事をおっしゃるワイナリーの方もいらっしゃるので、いろんなお話を聞きに行きましょう、とおっしゃってました。

バスの中も、遠足みたいで楽しかったし、距離的にもちょうどよかったから、また先生に企画して頂くようお願いしようっと!
[PR]

by bluetree_kk | 2013-08-31 15:33 | ワインなど

ワインサロン⑦   

今月のワインサロンのテーマは『マリアージュ』。
お料理とワインが、お互いを高めあうという関係を「マリアージュ(結婚)」という言葉で表現します。
確かに、週末に「ワインを飲む」という予定にしたら、それらしいメニューを考えるものね・・・。

メインの他に、チーズを用意するとか、ディップを作るとか、カプレーゼみたいなのとか、とにかく、見た目にも、ワインを飲む準備みたいなのが整います。
今日は焼酎!ってなったら、やっぱそれなりな鹿児島をイメージするような、和風な感じに…。
e0150989_954660.jpg

今回の1本。(1本目だから、私の記録もちゃんとしている…)
「フィアーノ」というぶどう品種から作られる、白ワインです。
『クラトス パエストゥム ビアンコ』は、イタリアのカンパーニャ州が生産地です。
e0150989_1035472.jpg

桃のような果実の香りも、お花のような香りもして、アロマは最高。
豊かなミネラル分で、塩味を感じるのが特徴です。
で、後味には少しの苦みもあります。

う〜ん。そうだなぁ・・・
これとなら、「なすとトマトの冷製パスタ」だな。
カッペリーニ(パスタの細麺)で、パルミジャーノレッジャーノをたくさん、かけたやつ…。
e0150989_10132637.jpg

それと、こちらは、デザートワイン。
「カントゥッチ」という、2度焼きした固いクッキーを、先生が用意して下さっていたのだけど、それをワインに浸しながら頂いても、それはマナー違反ではないそうです。
ものすごい美味しかったです。

「マリアージュ」・・・
奥が深いそうだけど、でも、よく聞く定説には惑わされず、結局は、食べたいものを作って、美味しく頂ければいいんじゃないかと・・・。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-07-23 10:21 | ワインなど

ワインサロンイベント:試飲会&お食事会   

ワインサロンのみなさんとお食事会がありました。

と、その前に、食事会場の前の商工会議所で「イタリアンワイン試飲会」があるというので、試飲会とやらに初めて行ってきました。
本当は、業者さん用なので、ソムリエは13時から飲んでおられた様子…。
で、私たち一般人は17時からで、1時間だけ参加しました。
e0150989_14233946.jpg

100種類以上のワインが勢揃いしてました。
まぁ、有名どころをいっとこうと、バローロ、バルバレスコ、キャンティクラシコなど、普段では、なかなか頂けないものをチョイスして、頂いていきました。
e0150989_14265629.jpg

で、食事会の時間・・・。
16人集まり、会は盛り上がりました。
年配の方もいらっしゃるので、こういう会って、そういう方が居て下さるだけで、なんだかキュッとしまる感じがします。来て下さって嬉しいです。
e0150989_1551629.jpg

翌日、デジカメの記録をみると、ちゃんとボトルを撮影してます・・・
しかし・・・あまり覚えていません。
試飲会の印象が強すぎたかな・・・
e0150989_1594060.jpg

e0150989_1510881.jpg

e0150989_15103332.jpg

ソムリエも説明してくれていたようです。写真によると・・・。
e0150989_15105361.jpg

でも、自己紹介をしたり、その場の会話やシーンはいろいろ覚えているので、そんなに、酔っぱらった感じはないのですが。
とにかく「なんだか楽しかった!」っていう、感想です。

次に、ソムリエがワイナリーの見学を計画してくださってます。
これまた、楽しみです。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-07-13 15:15 | ワインなど

ワインサロン⑥   

今月のワインサロンのテーマは「ビオワイン(自然派ワイン)」でした。
「ビオディナミ」「ビオロジック」「リュット・レゾネ」などの農法で作られるワインを、ビオワインといいます。
e0150989_8475930.jpg

先生曰く、特筆すべきは、保存料などの添加物を減らすことだけが、ビオワインなのではなく『あくまでも、ブドウの栽培方法のひとつである』ということです。
つまり、原料ブドウをいかに育て、その極上の素材をいかに活かせるか、が生産者にかかっているわけです。
e0150989_8481421.jpg

半年前一回目のサロンの、1本目のワインで「ビオディナミ」という言葉を初めて聞いて「へぇ〜」と思ったものです・・・。(半年早い…)
「ビオディナミ」と「ビオロジック」は、農薬を使わないということは共通です。
「ビオディナミ」は、思想家・哲学者のシュタイナーが提唱した農業論です。

シュタイナーといえば「シュタイナー教育」としか知識がなかったので、農業論があるんだぁと思いましたが、シュタイナーって、他にも医学や建築など様々な分野に精通している人なんですね。

何が特徴かというと、農作業を月・惑星・星座の位置を記したカレンダーに基づいて行い、自然な素材由来の肥料(牛糞とか植物とか)を畑に撒いて、土壌を活性化させます。
生物の潜在的な力を引き出し、土壌に活力を与えて作物を育てるということです。
e0150989_9251756.jpg

今回の私にとっての目玉はこのワイン。
「ミシェル・シャプティエ(生産者)」の「クローズ・エルミタージュ・ルージュ・ビオ」。
単一シラー品種のみのワインです。
真っ赤な果実を思わせる、豊かで丸みのある味わいです。
エチケットにはブツブツがあり、点字となっています。
M・シャプティエは積極的にビオディナミを取り入れてます。

ふたつ前に書いた「奇跡のリンゴ」もそうだけど、70年代〜80年代、農薬の為に、大事な微生物が死滅して、よい農作物が育たないと、気づいてくれた生産者たち・・・。

この歴史を変える『原点回帰』があって、本当によかった・・・と思うのです。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-06-24 09:47 | ワインなど

かわいいエチケット”gammes en May”   

ワインサロンの先生御用達のワインショップ「LucaWine」さん。
家の近くだし、Facebookに入荷のご案内があったので、行ってきました。
e0150989_186444.jpg

このワインの生産者が、アコーディオンの名手らしく、こんなエチケットだそうです。
ぶどうのふさが音符になり、瓶がアコーディオンに…。
店内でのディスプレイも、ちょっとした施しがかわいいの…。
e0150989_1871086.jpg

音階(gamme)と、ぶどうの品種ガメイを引っ掛けて、Gammes en May(5月の音階=ガメイ)、となるようです…。うまい!
e0150989_1884530.jpg

色はちょっと薄め。がつんとくるミネラルな感じ。
ちょっと酸も感じつつ、しっかりとした味わいを楽しみました。
e0150989_18936.jpg

この日のメインは、とんかつです。フルボディにぴったり!
すべて生活クラブで購入した材料で。もちろん、お肉も平田牧場です。
e0150989_1835148.jpg

ミッドタウンの「平田牧場」には、なかなか行けないから、おうちで手作りです。
その他には、さばの燻製と、ブルーチーズon乾燥いちぢくです。
e0150989_18315350.jpg

あと先日「とまと農家が作るきゅうり」を頂いたので、ピクルスを作りました。
お水にこだわりがあるそうです。
e0150989_18372217.jpg

酢と水と、月桂樹とブラックペッパーの粒、唐辛子、砂糖の液に数日漬けました。
e0150989_18373795.jpg

私のお誕生日前夜の、前祝いでした。

当日は、午前中に二人で庭の掃除をしていたら、主人が軽いぎっくり腰になり、なんだか重苦しいムードに・・・。夜はお祝いどころではなかった…。(-_-;)

前日、楽しくお食事しといてよかったわ・・・。
ご主人様、お大事に(^.^)。
[PR]

by bluetree_kk | 2013-06-11 18:43 | ワインなど

ワインサロン 課外授業②   

ワインサロンのみんなと、我が師”田中ソムリエ”のレストランに行ってきました。
e0150989_839322.jpg

レストランテ プリマヴェーラ」のあるクレマチスの丘は、今、お花がとてもキレイで、たくさんのお客様で賑わっていました。
e0150989_758763.jpg

席につくと、先生がすぐに食前酒を・・・。
e0150989_813851.jpg

シャンパーニュ「パスカルドケ」です。
グラスに注いで頂くそばからいい香りが漂います。
ちょっと辛口のシャルドネが、のどを潤してくれました。
e0150989_821838.jpg

先生チョイスで、次なるワインは白。
「クズマーノ(ワイナリーの名前)のアンジンベ」は、シチリアワインです。
甘い香りのフルーツを思わせる、飲み応えのある味わいでした。
e0150989_840586.jpg

お料理の一部をご紹介。
じゃがいものスープと、玉ねぎのブランマンジェ。
まろやかぁ〜。こんな組み合わせなのかぁ…。美味しい…。
e0150989_85018.jpg

こちらは、ズッキーニの花のフリッター。
エストラゴンのソースが添えてありました。
e0150989_842687.jpg

スモークしたさわらのパスタ。
燻製の良い香りがフェデリー二とよくからんで、これもまた美味しかったです。
e0150989_8485866.jpg

赤ワインも頂き(これについては写真も説明も無いのだけど)どんどん授業(?)は盛り上がっていきます。

で、デザートタイムのデザートワインは、ミシェルシャプティエ「バニュルス」です。
チョコの香りや、ドライフルーツみたいな果物そのもの!みたいな、甘いワインです。
でも変な甘ったるさみたいなのはなくて、ホッこりとするような、優しいワインです。
e0150989_944659.jpg

で、メインのデザートがぁ・・・こちら。
スウィーツ万歳!
(もう終盤でかなりいい感じなので、こんな言葉でまとめちゃいます。スミマセン…)
e0150989_9134081.jpg
e0150989_9135895.jpg
e0150989_9141989.jpg

お料理もワインも、とてもお勉強になりました。

そして、今日が楽しくて美味しかったのは、先生のおかげ。感謝します!
最高のマリアージュ(ワインと料理の組み合わせとか相性のこと)を、提供して頂きました。

ほんの少しでいいから、この経験を活かしていきたいわ・・・
[PR]

by bluetree_kk | 2013-06-05 09:32 | ワインなど