<   2008年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

ソニョーポリ   

ソニョーポリから、ご案内ハガキが届きました。
学生時代の友人K美が、夫婦でやっているレストランです。
e0150989_18242492.jpg


去年の夏、主人と初めてお食事に行きました。事前に予約はしたけど、私達とは明かさずに・・・。
駐車場で10年ぶりに会った時、彼女は腰が抜けたかのように座り込み、歓喜の声をあげて驚きました。(ふふふ、あのシーンは今思い出しても楽しい・・・)

満席の店内で、彼女が忙しく動きまわる姿を見ながらのランチタイムは、なんとも懐かしく、そして彼女が頼もしく思えて、とても嬉しい時間でした。
e0150989_18394729.jpg
e0150989_1840673.jpge0150989_18401852.jpg




(彼女に見とれていて、お料理の写真はこれだけしかありません・・・)


初対面だったご主人様はお料理を作られます。見た目にも美しく、食材にもこだわりのある様子が伺えて、とても美味しいお料理を食べさせて頂き、お礼を申し上げました。
店内の雰囲気もとても素敵で、センスが良くって、ちょっとした置き物も、「K美らしい・・・」と微笑んでしまうのでした。
福井県坂井市三国、東尋坊にほど近い、静かで落ち着いた町にあります。
ソニョーポリのかわいいホームページを、いつもチェックして行った気分を味わっています

e0150989_18523532.jpg


e0150989_1904447.jpg
私の19歳のお誕生日に、K美がくれたプランターカバー。
心斎橋の「ラ・パレット」という雑貨屋さんで、「あれかわいい~」と私が言った一言を覚えててくれて、プレゼントしてくれました。

今でも大切に使っているよ・・・。
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-26 19:09 | トラベルなど

Holy cats   


「聖なる・・・」だなんて、大袈裟なのですが、ちょっとクリスマスぶってみました。

左から、メリーちゃん、クリスくん、マリーちゃん。クリスマスカラーの毛糸を選びました。
e0150989_1952546.jpg


これは、メリーちゃんⅡ。緑の帽子がお似合いでしょう?雪だるまとお揃いです。
e0150989_19522155.jpg


そして、ウィンディーちゃん。白いパンツとしましまのベスト着てます。シクラメンも綺麗です。
e0150989_19523642.jpg


みんなお嫁に行って、それぞれのお宅で、楽しいクリスマスを過ごしている事でしょう・・・・・

                『Happy Merry Christmas!』
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-25 19:57 | あみねこ

クリパ   

以前のブログに載せた「シュガーレディ」の、クリスマスメニューが届いたので、少し早いですが、ごちそうを頂きました。今日は、何もお料理せず、楽チンでした!
うちごはんができて、豪華だし、「シュガーレディ」お気に入りです。
Mさん、いつもお届け頂きありがとうございます。
 
まずメインは・・・「ロテサリーハーブチキン」。
鶏の半身なので、いろんな部位が楽しめます。ボリュームたっぷりで大満足の一品です。

e0150989_2252270.jpg
ワインは、「シャトーコンブレイ」。
2005年産ボルドーです。香りも高く、コクのあるフルボディーです。e0150989_22545399.jpg










e0150989_2257520.jpg
これは「帆立貝柱ときのこのクリームソース」。
柔らかい帆立とソースが相性ばっちりでした。

e0150989_22572688.jpg
「ゴロゴロ野菜の地中海風ピザ」。しっかりした生地も、トッピングの野菜も、とても美味しかったです。



そしてそして、やっぱりクリスマスといえばケーキでしょう。
二人なのでホールは無理なのですが、いつもピースで頂きます。今年のケーキはこれ。
e0150989_2315204.jpg

ふわふわなのにしっかりした食感のスポンジ。それに巻かれた、カスタードと生クリームと果物が、絶妙にマッチしてます。

あぁ~、おなかいっぱい幸せです。クリスチャンじゃないけれど、素敵な行事に感謝します!
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-23 23:31 |

冬至   

「冬至」の今日は、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。太陽の位置が1年で最も高くなる「夏至」と日照時間を比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差があるそうです。

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。
にんじん、だいこん、れんこん、うどん、……など「ん」のつくものを運盛り といって縁起をかついでいたのです。
運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵です。かぼちゃも漢字で書くと「南瓜(なんきん)」なので、食べるとよい食材になっているみたい。

関西人の私は、普段から「なんきん」と呼んでいたので、「かぼちゃ」とか言う機会は、シンデレラのかぼちゃの馬車くらいでした。
そういえば、小さい頃「かぼちゃ」と呼ぶのは、ちょっと、こっ恥ずかしかったな・・・。
もし口が滑った場合、「えぇ~”かぼちゃ”やってぇ~」などと、冷やかしの対象となった訳です。

e0150989_2118221.jpg
芋類が好きな私は、「なんきん」も大好物。
今日も、もちろん頂きました。

無病息災で暮らせますように・・・
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-21 21:23 | お料理

クリスピー・クリーム   

これはクリスピー・クリームの「オリジナル・グレーズド」。口の中で溶けるような軽い食感のドーナツです。私にとっては、新感覚で斬新な、これが本物のドーナツなのかも・・・と思わせるものでした。
e0150989_21134130.jpg

こちらは約70年の歴史を持つ、由緒あるドーナツ屋さんなのです。
創業者バーノン・ルドルフは、1937年にアメリカ、ノースカロライナ州の食料品店で販売を開始。
地元の人々が温かいドーナツを買えないか?と、尋ねてくるようになったので、その場で直接お客さんに「ホット・オリジナル・グレーズド・ドーナツ」を売るようになったそうです。

日本の店舗でも、製造過程を見学できるようになっており、まさに「ホット」なドーナツを食することができます。持ち帰っても、8秒間チンして頂きます。
e0150989_2120979.jpg

甘すぎ!と評する人も、多いですが、甘党の私は平気です。コーティングの砂糖がけが甘さの原因です・・・。
e0150989_21202293.jpg


行列していたらやめよう、と思って行ったけどラッキーなことに空いていました。

e0150989_21244910.jpge0150989_2125999.jpg
かわいいクリスマスのディスプレイを見ながら、待つこと15分・・・






ふわふわで、中はもちもちのドーナツに舌鼓を打つのでした・・・。
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-20 21:34 | スウィーツなど

パッチワークキルト   

先日、パッチワーク教室を主宰されるSさんのキルト展に伺いました。
こちらは、2008年東京国際キルトフェスティバルの入選作品です。
e0150989_8241421.jpg

タイトルは「落花流水」。
水は、落ちてくる花びらを受け止めたい、花は、落ちる花びらを水に受け止めて欲しい・・・
という、メッセージです。
なんとも、心が静まる情景で、作者Sさんの暖かい想いが伝わります。

パッチワークは、「つぎはぎ細工」という意味で、色や形の違った小さな布をつなぎ合わせて1枚の大きな布をつくることをいいます。
キルトは、上の布、下の布の間に中綿をはさんで、様々なラインで縫い合わせることや、できあがったもののことをいいます。パッチワークで作った布をキルティングして、作品に仕上げます。

昔、貴重だった布を無駄にしないように、着ている衣類が古くなっても、使える部分だけを切り取って、他の布と縫い合わせ、新しい布として使えるようにした事から始まり、歴史はなかなか深いようです。世界中のキルトに種類があり、ヨーロピアンキルト、アメリカンキルト、ボルチモアキルト、アーミッシュキルト、ハワイアンキルトなど、それぞれ発祥や技法に違いがあります。

この作品のタイトルは「メインデッシュはセレナーデ」。
e0150989_833118.jpg

色合いがとても素敵で、見ていると明るい気分にさせてくれる作品でした。

e0150989_8355569.jpge0150989_836715.jpg







タイトル「NATARI」。
シックで、落ち着いたイメージです。
お花どれ一つとっても、かわいらしくて繊細です。





初めて垣間見るキルトの世界でした。
なかなか写真では伝わりにくいのですが、その数々の大作には圧巻です。
2m×2m程の大きさで、一枚に2年かかるとのことです。
みなさんの高い技術と、忍耐力に脱帽です。

一針、一針、こんなにも作者の想いをのせて仕上がった素晴らしい作品ですもの、見る人の心を豊かにしてくれるのは当然なのかもしれません・・・。
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-19 08:50 | アート・手芸など

トニーくん横浜へ   

黒いネコに、横浜へ連れていってもらいます。
e0150989_71794.jpg


横浜といえば、中華街・・・。「ムーン」が、飲茶をご紹介。
e0150989_723370.jpg



e0150989_7124439.jpg
う~ん。美味しそう・・・。

e0150989_719945.jpg
遊びに行くね!






(*「トニー」名前の由来・・・10(トウ)/2(ニ)生まれの、Kクンの所に行ったので・・・。)
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-17 07:28 | あみねこ

忘年会   

その年の苦労を忘れるために年末に催す宴会。(三省堂 大辞林より)
それは・・・「忘年会」です。

苦労らしい苦労なんてしたのか分からないけど、まぁとにかく楽しい時間が過ごせて、美味しいお食事、お酒、おしゃべりができる「忘年会」とは、よい慣習なのではないでしょうか。

今年は、既に二回の忘年会を終えました。
先日は、会社の仲間六人で・・・。退職したTさんが痩せて登場したことで、ダイエットの話で大盛り上がり!もっと頑張るらしいです。彼女の激変ぶりが楽しみです。私も見習わねば!

e0150989_2285267.jpg
e0150989_2291279.jpg
あっという間の3時間で、楽しかったぁ~。




そして二回目は、「ワイン豚」を食べられる忘年会に参加しました。
e0150989_2294183.jpg

山梨県塩山で、その名のとおりワイン(白)を飲んで育った豚のことです。
今回はそれをすき焼きで頂きました。
やわらかな肉質がとてもジューシーで、脂はあっさりしてるし、お肉の味わいのある風味が楽しめました。希少で珍しいお肉を食べさせて頂き幸せでした。本当に美味しかったです。
これは、東京豊島区の「菜る瀬」で食べられます。大将こだわりの食材なのです。

e0150989_22292382.jpg
そしてお酒も大将おススメの逸品で、青森県八戸市 八戸酒造の
「どぶろっく~DOBU ROCK~」を頂きました。
とろ~り甘口にごり生原酒で、飲みやすくてとても美味しく頂きました。

さぁこれで、素晴らしい1年の締めくくりができました。
また、来年も美味しいものに出会えますように・・・。
(あっ、やっぱそれなの?と、今ツッコミいれました?)
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-14 22:32 |

あの頃ぼくらはアホでした   

e0150989_7552579.jpg東野圭吾さんの、小学生から大学生までの青春時代をつづった作品です。
実体験にもとづくお話なだけにリアルで、おもしろかったです。
彼こだわりのキーワードや、 関西人独特の言い回しなど、共感するところも多々ありニヤニヤしながら読み進めました。
ただ、年代も性別も違うせいか、怪獣ネタのところなどマニアックすぎて、ついていけなかったり、青少年が読むにはちょっと”えげつない”表現もありました。
本が嫌いで、勉強も得意な方ではない、怪獣が好き!など・・・あの東野圭吾さんも、普通のかわいい子供だったようです・・・・・。


先日、主人の学生時代のお友達と久しぶりに会いました。
家族ぐるみのお付き合いなので、妻たちも参加です。まさに、関西人ばかりの集まりで、ひとまわりくらい上の東野圭吾も話題になりました。  e0150989_7561018.jpg
     S氏は大阪出身→神奈川在住
     T氏は大阪出身→千葉在住
     I氏は京都出身→埼玉在住
     K氏は滋賀出身→東京在住
     H氏は大阪出身→山梨在住
偶然にも、みんなこちら方面に住んでいるので、たまに会うには好都合です。
この日も、素晴らしいボケと厳しいツッコミの中、とてもとても楽しい時間が過ぎていくのでした。

・・・んで、主人はというと関西人ではないのですが、母親が関西で育ったこともあるのか、出会ったころは完璧に関西弁をマスターしており、私も、彼は関西人なのだと信じ込んでいました。
そして、彼らに「似非関西人」と呼ばれていました。

彼らに会って、みんなもこんな小さい頃を過ごしてきたのかな?と想像を巡らせました。
彼らがこれを読めば、「あの頃ぼくらはアホでした」と、学生時代を懐かしく振り返るのかもしれません・・・・・。
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-12 08:01 | 本など

ルーシーダットン   

e0150989_8133963.jpg
ルーシーダットン(Rusie Dutton)とは・・・
タイ語で『仙人体操』と呼ばれる、タイで古くから伝わる健康法です。
ルーシー … 仙人  ダッ … ストレッチ  トン … 自分

スポーツクラブで、いろいろな種類のヨガのクラスがあるのですが、ルーシーダットンは最近始まったプログラムで、なかなか奥が深いのです。



e0150989_8145350.jpg特徴の一つとして、インド式ヨガや西洋式ストレッチの基本とは異なる呼吸法です。
伸ばす時に吸う、ポーズで息を止める、戻す時にゆっくり吐くという感じです。
これはリラクゼーションをもたらすだけでなく、体の温度を内側から上げ、血液循環を活発にする効果があります。
体全体の血液やリンパの流れに最も影響する『足』を、重点的に鍛え、刺激するポーズが多いのもその特徴です。

40分間のクラスで、自分で自分をマッサージする時間も多く、運動量は少ないのですが、終わるとなんだか頭もすっきり。心地よい爽快感なのです。
筋力アップや柔軟性向上のトレーニング的にも有効だし、精神安定や心の癒しなどのセルフ・コントロールにも良いとの事です。

e0150989_815185.jpg
これは、タイのお土産です(塩コショウ入れ)。ハグしてる姿がかわいくてお気に入り!
雑貨とかも、安くてかわいいみたいだし、いつかタイを訪れたいです。
[PR]

by bluetree_kk | 2008-12-10 08:34 | スポーツ