人気ブログランキング |

赤とんぼ   

今日は、久々に20キロのランニング。
川沿いに進んでいくと、心地よい風と、ぽかぽかした日差しで、気分爽快です。
どこを見ても、柿がたわわに生っていて、秋まっただ中です。
この敷地の柿の木の数ったら、すごい!向こうに富士山もみえます。
今日は携帯持って走りました。
e0150989_1773349.jpg

e0150989_1783244.jpg河川敷に、赤とんぼが、たくさん飛んでました。
ふと走るのを止め、「赤とんぼ」を口ずさみながら、歩きました。
(誰も居なかったし。)

故郷を思い出します・・・。
赤とんぼの作詞者、三木露風は私の出身地の生まれ。
生家跡や銅像も、観光名所になっています。
我が故郷では、朝7時と、夕方5時と、夜10時に、赤とんぼのメロディーが町中に響き渡ります。
「5時の赤とんぼでおうちに帰る」というのが、小さい頃からの約束事です。

そして、同時に思い出すのが小学校の校歌。
なぜなら、赤とんぼは三木露風が作詞、山田耕筰が作曲ですが、校歌もこの二人の作品。
大人になって分かるのですが、どおりで素晴らしい楽曲です。

「鶏籠のみどり とこしえに 揖保の川瀬に なく千鳥
       山と水とに かこまれし ああ美しき われらの故郷」


「きよき心と 力とは 我らの学びの めあてなり
       いざや友垣 はらからよ ともにまなびて 進まなん ともにまなびて いそしまん」


1番と3番です。2番は、ちょっとうろ覚えなので書けませんでした。
ちなみに鶏籠(けいろう)とは、山の名前、揖保(いぼ)とは川の名前です。

今日はこんなことを、色々もの思いにふけりながら、ちょっと歌ってみたりして、
1キロ?いや3キロはウォーキングになっちゃったな・・・。

by bluetree_kk | 2009-10-23 18:56 | スポーツ

<< ひこにゃんと・・・ またネグレスコ・・・ >>